スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペイン旅行 その2

2013.08.11 00:22|日常
スペイン最終日のマドリッド編です。

午前中、プラド美術館を訪れた際に、近くに植物園がある事を知り、
これはチャンス!という事で行ってみる事に

この植物園は、約250年前にカルロス3世が創設したという、王立植物園だそうです

売店
↑入園料の3ユーロを払って中へ入ると、門のすぐ側に小さな土産物屋さんがありました。
今回、唯一の園芸関係のお店ですw

種
↑種を沢山売っていました。
日本では見た事のない植物の種もいくつか・・・
個人的にはモーニングスターの様なトゲの生えた謎カボチャが気になりました

「日本の花詰め合わせ」というものも売られていましたが、
パッケージに桜と富士山の絵が描かれていて、肝心の中身はわからずw

緑と紫
↑こちらではよく食べられているだけあって、アーティチョークの種も豊富でした。

何か熱帯果樹はないものか?と探していると、なんとバナナの種を発見
可食部の少ない種有りバナナ、しかもバナナは詳しくないので、
品種名を見てもどんなものかさっぱりですが、
スペインでバナナの種を買うのも、思い出の内だろうwという事で即購入
帰国してからの楽しみができました

落ち着きます
↑内部には、噴水やベンチがあり、植物園というよりは、公園といった雰囲気。
敷地はかなり広いです。

暑かった・・・
↑暑さにも負けず、綺麗に咲いています。

綺麗なダリア達
↑様々な種類のダリアが満開で、とても印象に残っていたのですが、
後で調べると、ヨーロッパに初めてダリアが渡ったのが、この王立植物園だそうです
(肝心の写真が綺麗に撮れてなくてすいませんw)

これは入らねばw
↑しばらく歩くと、温室がありました!早速突入ですw

ふむふむ
↑内部は3つに分かれている模様。

サボテン
↑最初はサボテンコーナー
コノフィツムを沢山展示していました。

2室目が確か熱帯系の植物コーナーだったのですが、
ここらへんは正直、日本の植物園の方が充実している印象です。
果樹も探しましたが、隅っこにヒョロッとしたインドマンゴーが1本あるだけでした
ちょっと残念

かわいい!
↑3室目は、ソテツとかエアープランツが多め。
この赤い風鈴の様な可愛い花は何だろう?と思ったら、
日本ではフウリンブッソウゲという、そのまんまな名前のハイビスカスでしたw

じっくり観察する予定の温室でしたが、マドリッドの高温に温室の湿気が加わり、
熱中症になりそうなレベルだったので早々に退散

夜には、短時間ですが、念願の市場へ行くことができました
もぐもぐ
↑イベリコ豚の生ハムは最高においしかったです

しかし、市場、スーパー共に、特に珍しい果物はなく、がっかりでした
時期によっては、チェリモヤが激安で出回るみたいですが・・・

結局、この旅で食べたトロピカルフルーツというと、
機内食で出た、”激マズパパイヤのみ”という結果に

・・・しかし、私には植物園で買ったバナナの種があります!
今回唯一の熱帯果樹との出会いに感謝
これでワイも遂にバナナデビューや!!

お楽しみのバナナ
↑帰ったばかりで疲れて眠たいのを堪えつつ、
早速グーグル先生にこのバナナの品名を入力します。

ensete ventricosaという名前では、あまりヒットせず、
どうやらensete ventricosumという種の別名であるという事が判明。

そして更に調べた結果、いきなり目に飛び込んでくるニセバナナという衝撃の文字!!

結果。
・食用ではあるが、実ではなく、幹に溜まるデンプンを食用とするらしい
・5年程で花は咲くが、咲くと枯れる
・樹高は6~12メートル(袋には3~6メートルの表記)
・耐寒性は-5℃まで(関東でも露地植え可)

・・・バナナだけどバナナじゃなかったorz

袋の右下の円で囲まれた「私は善良な食用バナナですよ」みたいな写真を見て、
誰が幹のデンプンを食すバナナだと想像できたでしょうか?

こうして私のバナナデビューは早々に終わりを告げ、ここで突然のプレゼント企画!!

この12メートル級、進撃のニセバナナの種を、先着1名様に差し上げます!
幹を削ぎ落としてデンプンを採取するも良し!
耐寒性と樹高を生かしてお庭を南国ムードいっぱいに変身させるも良し!

もしも欲しいという方がいらっしゃいましたら、
コメント欄にでも非公開でメールアドレスを載せていただければ返信致します

一応締め切りは8月末までとさせていただきます。
誰も応募しない気がプンプンしますね!

・・・という事で、果樹には恵まれない旅行にはなりましたが、
スペインは本当に良い国ですよ~
行こうか迷っているなら、是非行ってみるべきです
スポンサーサイト

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

コメント

お帰りなさい。

こぴむすさんお帰りなさい。
どちらへ出向かれておられるのかと思っていましたが、スペインでしたか。
スペインはチェリモヤの一大産地でもありますが、「果樹見学ツアー」など無いでしょうので、果樹との出会いは少なかったようですが、スペインを十分満喫されたご様子で、羨ましい限りです。

ところでエンセテは、バナナと同じバショウ科ですが、属が違い、果実ではなく偽茎や根茎に蓄えられたデンプンを食用にする植物です。
しかし12メートル級とは巨木ですね。

No title

海外での写真は絵葉書の様で空気感が違い綺麗で絵になりますね~

バナナ 調べて「ニセバナナ」と唐突に出てきたとは・・・(^_^;)
でも これが日本で売られていても予備知識がなければ判断が難しくそれが海外だと尚更分からないですよね~

ちなみに私は「イベリコ豚」がどうしても「イベリ子豚」に思えてしょうがない・・・んで いつもカミさんに「その発想になること自体が分らない 普通文字が頭に浮かぶから間違えないよ~」と言われるが
そもそも 私には文字は浮かばない 音が残るだけ だからイベリ コブタ
(^_^;)

No title

Akiさん

ただいまですe-440

果樹見学ツアーがあったら最高ですねぇe-267
はい、旅行自体は大変楽しいものとなりました!
やはり、テレビで観るだけでは、
現地の雰囲気を味わう事はできないので、
実際に行く事ができて良かったですe-446

チェリモヤは、フィノ・デ・ヘテがスペインでの主力品種だと
聞いていたので、どこかに植えられていないものかと、
移動中結構探していたのですが、発見できませんでしたe-330

ニセバナナにはやられました(笑
バナナの知識が殆どないので、
エンセテがデンプンを食すものだとは知らず、ガッカリでしたw
なんという紛らわしいパッケージなのでしょう!(八つ当たり
環境によって、かなり大きさが変るらしいのですが、
12メートルにもなったら大変ですよねe-447
大体6メートル程だそうですが、私からするとそれでも十分でかいです;
デンプン取り放題ですねw

No title

トリマーおやじさん

私達が普段見慣れないせいもあるのでしょうが、
絵になりますよね~!
反対に外国の人は日本を見て、同じ事を言ってるかもしれませんよ(笑
ですが、スペインは本当に太陽の光と空の色が綺麗で、
写真映えがしますねe-451

私にせめてもう少しバナナの種類についての知識があれば、
これを買うことはなかったと思うのですが残念ですw
袋の裏の説明も
「大きな緑の葉の植物です、種は水に漬けてから植えつけて下さい。
肥沃な粘土砂を好みます」としか書いておらず、
可食部については触れられてすらいませんでしたw
ひどいe-350

子豚だったら食べる所がなさそうですよ!(笑
調べてみたら、イベリコはスペイン語で
「イベリア半島の」という意味だそうです。
これでもう文字が浮かんで、子豚と間違える心配もない?!e-454

No title

お帰りなさい。

福島でもバナナを育てている方がいらっしゃって、私も密かに栽培しようかな…

って思っていたのですが、きちんと調べてから栽培しないとダメなんだな~

って、拝見して感じましたw
バナナの栽培は…きちんと調べてからにします。

まずは、上のコメントのトリマーおやじさんの様子を拝見してから…(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

な~んだ、スペインでしたか。そっち系のネタだったら私に振ってくれたらよかったのに。
ちなみに、スペインでチェリモヤなどが栽培されている地域はアンダルシア州のマラガ近郊になりますよ。熱帯果樹ではチェリモヤ以外にもスターフルーツとかアボカドとか、亜熱帯系の物が多い様です。もっと早く言って頂ければお伝えしたのですが、次回行くチャンスがありましたら、是非それを参考にして下さいね。

No title

ねぎとろさん

ただいまです!

何事も事前に調べておくのは大事ですねぇe-444
今回はまぁ、予期せぬ出会いだったので仕方のない事ではありますが・・・w

福島と高知、お互い遠く離れていますが、
冬に気温が氷点下になる時点で、たとえ寒さに違いがあろうとも
バナナ栽培に温室が必要なのは同じですからねe-351
でもバナナを自宅で栽培して食べられるっていいですよねぇ~e-267
私も小型のバナナを挑戦してみたいですね。
今度はちゃんと調べてからですがe-440

No title

Carlos@Chiang Maiさん

えええ~!
Carlosさんはスペインにも詳しかったのですねe-451
こちらこそ、知っていれば事前に相談したものを・・・(笑

マラガってピカソの生誕地ですよね?
ミハスに行く際、バスにて近くを通ったのにぃ~e-443
悔しいですw

今度どこかに旅行する際は、念の為Carlosさんに
一言聞いてから行く事にします!e-442

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。