スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャカトウもお迎え

2012.11.28 22:30|シャカトウ
マニアンヘンと一緒に、シャカトウもお迎えしました。
まとめて載せてもよかったのですが、カテゴリを分ける為に別々のエントリです

シャカトウ
↑苗の大きさはマニアンヘンと同じくらい。

タイでナンと呼ばれているシャカトウだそうで、シャカトウの中でも特に甘いそうです。

酸味がなく激甘なのも、家に1本あったら
色んな味が楽しめて面白いのでは?と思ってお迎えです。

シャカトウって、熟すと果皮がバラバラになってくる(?)のでしょうか?
熟してトロトロになってる写真を見て、うまそ~と思ったのですが、
という事は、今回収穫したアテモヤみたいに、放置しすぎると大変な事になりそうですね

収穫する際には気を付けねば・・・ってまだまだ先の話でしたw

激甘希望
↑葉は、ややマットな感じです。

今回の2本を追加した事で、いつの間にかバンレイシ科の有名どころが揃ってきました
アテモヤ、ビリバ、ポポー、シャカトウ、ギュウシンリ・・・

一番有名なチェリモヤがないのが、ちょっと残念ですが、
いつの日か、バンレイシ大収穫祭を開催できるくらいになってほしいですね
スポンサーサイト

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

コメント

No title

今 シャカトウという言葉を耳にすると 「勇者ヨシヒコ」に出てくる釈迦のズラを思い浮かべてしまう。。。。釈迦頭。。。。

No title

マニアンヘンと釈迦頭のナンですか。ひょっとしてヤフオクのPさんからですか?
私はそのPさん所有のパヤオ県の果樹園へボランティアで2回行きました。現在も珍しい苗が手に入ったら贈呈しています。
ちなみにナンと言うのはパヤオ県の南にある県の名前で、パヤオ県と同じくらい産業がなくてやりくりが大変な所です。
釈迦頭の皮は確かに熟すと割れて虫がたかり放題になりますが、触ってみて柔らかさを感じる様になったら収穫して追熟するといいです。タイの市場でも釈迦頭は売られていて、ミツバチがたかっている事が多いです。

No title

シャカトウもまだまだ小さい苗のでこれからの季節大変ですね。

シャカトウはまだ食べたことが無いのですが、アテモヤやチェリモヤに比べて崩れやすいようです。

今回の追加でバンレイシ科が一気に増えましたね。
チェリモヤも購入される予定ですか?

No title

トリマーおやじさん

勇者ヨシヒコ、調べてみたら面白そうですねこれ(笑
ドラクエな感じのドラマなんでしょうか。
知ってたら笑えるネタが多そうですw
見てみたいのですが、陸の孤島である田舎高知では放送していないようですe-263
高知って、テレビはいつもこんな事ばっかりでひどいe-441

No title

Carlos@Chiang Mai さん

そうですそうです(笑
なんと、Pさんの果樹園にも訪問された事があるのですねe-451
うらやましい・・・!
もし今度、マニアンヘンを召し上がる機会がありましたら、
是非感想をお聞かせ下さいe-267

ナンは県名だったのですね、勉強になります。
その県で多く収穫されているから、こう呼ばれているのでしょうかね?

ミツバチがたかるという事は、本当に甘いんでしょうね!
早く食べてみたいなぁ~・・・e-349

No title

パライゾさん

寒さに弱いと教えていただいてから、すぐに温室に入れたので、
今年はもう安心ですが、早く大きくなって多少の耐寒性を身に付けてほしいですね。

シャカトウ、今年お取り寄せしようか迷っているうちに、
シーズンが終わってしまいましたe-441
酸味がないものから、あるものまで、同じシャカトウでも味に差があるようですね。
これは超甘いと嬉しいのですが・・・
崩れやすいのなら、今回みたいに地面に落ちたら、ブチャっといっちゃいますね;

もう少し頑張ったら、私の家でもバンレイシ科クイズができそうです(笑
チェリモヤは、暑さに弱いというのもありますが、
何より受粉が面倒そうで、中々手が出せないでいますe-351
そんな事言って、いつの間にかお迎えしてるかもしれませんが・・・w

No title

おぉ~それは逆にある意味 申し訳ない
全国放送的な感覚になっていました

ギャグドラマというか 察しの通りドラクエのパクリの超くだらないドラマで そのくだらなさがハマってしまうドラマです
内容のくだらなさに反比例して俳優は腕のある個性派が真剣にやっていて
それがまた面白いです
もしかしたらネット配信されているかもです
まぁ~すっごい暇な時があったらご覧くだされ

No title

<span style="background-color:#FFFF00;">こぴむす</span>さん
私もシャカトウを取り寄せようと思っていたんですが結局買わなかったなぁ。

シャカトウにも酸味があるものがあるんですね。甘いだけかと思っていましたがそれは1度食べないといけませんね。。

チェリモヤの受粉ってアテモヤとかと違うんですか?
全然気にしてなかったです。
だから受粉率が悪かったのか(^^;)

激甘果実が、、、

こぴむすさんこんにちは、初めてコメントさせていただきます。よろしくお願いします。
>酸味がなく激甘なのも、家に1本あったら
私も今、まさにその境地なのです。
長年チェリモヤ、アテモヤなどバンレイシ科の果樹を栽培してきましたが、シャカトウは果実が
小ぶりなのと、耐寒性の問題でスルーしてきましたが、突然、激甘シャカトウを食べてみたい、
育ててみたい!と、、、
大実系の品種も出回っていますが、果たして甘さは如何に?ともかく酸味がなく激甘系品種の情
報が欲しいところです...

No title

トリマーおやじさん

いえいえ、高知は本当にテレビ番組がしょぼくて、
むしろ見れないのが当たり前みたいになっていますw
テレ朝すら放送してないですからね・・・e-441

ちらっと探してみましたが、ネットで見れそうな感じですね。
年末にゆっくり見てみましょうか(笑

No title

パライゾさん

私も詳しくはわかりませんが、
アテモヤは、雌ステージの時に花弁を取り除いて、
その花の未熟な花粉をめしべにくっつけるだけで受粉できますが、
チェリモヤは、その方法ではあまり受粉ができず、
別の雄ステージの花の花粉を付けてあげなくてはいけなかった気がします。
まぁ、花粉を冷蔵庫に入れておけば数日は持つそうですし、
沢山蕾があるなら、どれかがタイミング良くずれて開花するでしょうから、
アテモヤに比べると面倒というだけですが・・・e-351
間違ってたらごめんなさい;
・・・しかしそう考えると、他家受粉の植物に比べたら楽な部類ですね(笑

No title

アキさん

はじめまして!
コメントありがとうございますe-446

おお、同じ境地でしたかe-267
激甘なのを食べてみたいですよね~!
酸味があって、なおかつ大きいのが良ければ、
チェリモヤ、アテモヤがありますが、
激甘を求めるなら、やはりシャカトウですよね(笑
シャカトウは、先の2種に比べるとあまり品種の情報が出回っていない気がします。
赤や黄色と、カラフルな品種はありますが、
肝心の味の情報をもっと知りたいです。
このナンというシャカトウは、タイでも特に甘いと評判らしいので、
実生苗ですが、栽培に挑戦してみては如何でしょうか?

アキさんのブログも拝見しました。
チェリモヤの培養土の考察が、大変興味深かったです。
アルカリ土壌の方が生育が良いのには驚きましたe-451
私はまだ全く植物の声がわからず、土壌適応幅の狭い植物には特に苦労しています;
書籍等で得た知識を鵜呑みにせずに、
早く自分で色々と試してみるようなレベルになりたいです。
ブログの方、またお邪魔させてください。

No title

こぴむすさん

そう言えばどこかのブログでも未熟な花粉で受粉させられると、やり方を紹介してあるところがありました。
チェリモヤは出来ないんですね。
ちなみに私もアテモヤを未熟な花粉で受粉させようとしましたが、要領が悪いのか失敗しました。

シャカトウは明確な栽培品種は無いんじゃないですかね?
繁殖も実生がほとんどですしね。

大実シャカトウにはいくつか品種があるようで、巨無覇釈迦?と言う品種が販売されているのを見たことがあります。
甘さはどうなんでしょうね?
こればっかりは実際に食べないと分かりませんね。

No title

パライゾさん

私も最初は、未熟な花粉を使っての受粉が上手くできなくて困りました。
初めは、花弁を全部取って受粉させていましたが、
イビモヤ以外は全て受粉できませんでした。
次に、花弁を1枚だけ取って、残った花弁とめしべの間に、
未熟な花粉を耳かきのようなもので詰め込む感じで受粉させてみた所、
ほぼ100%結実しました。
(受粉させたのに、切り取るのはもったいなかったですw)
また来年開花したら、やり方を載せてみますねe-257

シャカトウ、実生がほとんどですよね。
そこまで改良が進んでないのでしょうかね。
巨無覇釈迦、初めて聞きました!
シャカトウは小さいので、大きくて甘いのがあると嬉しいですよね。
パライゾさんは、結構色々なシャカトウを栽培されているので、
食レポに期待してますe-454

No title

こぴむすさんこんばんは。

『激甘砂糖ジャリジャリ』系のシャカトウ(本当にそんな物が存在するか知りませんが)、それも、出来れば大実を食べてみたいのですが、調べてみると大実系品種は酸味もあるようで残念です。

甘系シャカトウを栽培するか迷っているのですが、問題は果実の大きさと耐寒性です。
農家が栽培、販売している果実でも、せいぜい200g程度らしいので、栽培不適地では『未熟果、奇形果』しか出来ないのではないか?  (沖縄では、春に開花し秋に収穫する果実より、秋に開花し冬に収穫する果実の方が秀品とされていますが、当地では秋から冬にかけての果実肥大、収穫は絶対に不可能) また、チェリモヤより耐寒性が無いとなると、越冬が無理なのでは?
と考えてしまうのです。

うちではチェリモヤは落葉し初めていますが、アテモヤはまだ青々とした葉をつけています。
こぴむすさんのシャカトウはいかがでしょうか? 無事越冬されることを願っています。

No title

アキさん

お返事が遅れてしまいましたe-351

激甘大実シャカトウですか!
確か、私がこのシャカトウをを購入した方が、
ナンの大実バージョンも出品されていた気がします。
現在は、寒くなったせいか出品はされていませんが、
問い合わせをしてみては如何でしょう?
味、大きさを含め、色々な品種をご存知かもしれません。
パヤオ果樹園さんという所です。

秋~冬に肥大させるとなると、越冬温度を
通常よりも高めにしないと、こちらでは収穫は難しそうですねe-263
私のアテモヤは、室内越冬中ですが、青々としています。
シャカトウは、まだ小苗な事もあり、温室に入れてますが、
ゆっくりながらも成長を続けており、水の吸収も早いですe-257
こちらだと、果実の肥大はどうなるのか等、
わからない事だらけなので、早く自分で確かめれる程に成長してほしいですe-267
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。