--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.11 00:22|日常
スペイン最終日のマドリッド編です。

午前中、プラド美術館を訪れた際に、近くに植物園がある事を知り、
これはチャンス!という事で行ってみる事に

この植物園は、約250年前にカルロス3世が創設したという、王立植物園だそうです

売店
↑入園料の3ユーロを払って中へ入ると、門のすぐ側に小さな土産物屋さんがありました。
今回、唯一の園芸関係のお店ですw

種
↑種を沢山売っていました。
日本では見た事のない植物の種もいくつか・・・
個人的にはモーニングスターの様なトゲの生えた謎カボチャが気になりました

「日本の花詰め合わせ」というものも売られていましたが、
パッケージに桜と富士山の絵が描かれていて、肝心の中身はわからずw

緑と紫
↑こちらではよく食べられているだけあって、アーティチョークの種も豊富でした。

何か熱帯果樹はないものか?と探していると、なんとバナナの種を発見
可食部の少ない種有りバナナ、しかもバナナは詳しくないので、
品種名を見てもどんなものかさっぱりですが、
スペインでバナナの種を買うのも、思い出の内だろうwという事で即購入
帰国してからの楽しみができました

落ち着きます
↑内部には、噴水やベンチがあり、植物園というよりは、公園といった雰囲気。
敷地はかなり広いです。

暑かった・・・
↑暑さにも負けず、綺麗に咲いています。

綺麗なダリア達
↑様々な種類のダリアが満開で、とても印象に残っていたのですが、
後で調べると、ヨーロッパに初めてダリアが渡ったのが、この王立植物園だそうです
(肝心の写真が綺麗に撮れてなくてすいませんw)

これは入らねばw
↑しばらく歩くと、温室がありました!早速突入ですw

ふむふむ
↑内部は3つに分かれている模様。

サボテン
↑最初はサボテンコーナー
コノフィツムを沢山展示していました。

2室目が確か熱帯系の植物コーナーだったのですが、
ここらへんは正直、日本の植物園の方が充実している印象です。
果樹も探しましたが、隅っこにヒョロッとしたインドマンゴーが1本あるだけでした
ちょっと残念

かわいい!
↑3室目は、ソテツとかエアープランツが多め。
この赤い風鈴の様な可愛い花は何だろう?と思ったら、
日本ではフウリンブッソウゲという、そのまんまな名前のハイビスカスでしたw

じっくり観察する予定の温室でしたが、マドリッドの高温に温室の湿気が加わり、
熱中症になりそうなレベルだったので早々に退散

夜には、短時間ですが、念願の市場へ行くことができました
もぐもぐ
↑イベリコ豚の生ハムは最高においしかったです

しかし、市場、スーパー共に、特に珍しい果物はなく、がっかりでした
時期によっては、チェリモヤが激安で出回るみたいですが・・・

結局、この旅で食べたトロピカルフルーツというと、
機内食で出た、”激マズパパイヤのみ”という結果に

・・・しかし、私には植物園で買ったバナナの種があります!
今回唯一の熱帯果樹との出会いに感謝
これでワイも遂にバナナデビューや!!

お楽しみのバナナ
↑帰ったばかりで疲れて眠たいのを堪えつつ、
早速グーグル先生にこのバナナの品名を入力します。

ensete ventricosaという名前では、あまりヒットせず、
どうやらensete ventricosumという種の別名であるという事が判明。

そして更に調べた結果、いきなり目に飛び込んでくるニセバナナという衝撃の文字!!

結果。
・食用ではあるが、実ではなく、幹に溜まるデンプンを食用とするらしい
・5年程で花は咲くが、咲くと枯れる
・樹高は6~12メートル(袋には3~6メートルの表記)
・耐寒性は-5℃まで(関東でも露地植え可)

・・・バナナだけどバナナじゃなかったorz

袋の右下の円で囲まれた「私は善良な食用バナナですよ」みたいな写真を見て、
誰が幹のデンプンを食すバナナだと想像できたでしょうか?

こうして私のバナナデビューは早々に終わりを告げ、ここで突然のプレゼント企画!!

この12メートル級、進撃のニセバナナの種を、先着1名様に差し上げます!
幹を削ぎ落としてデンプンを採取するも良し!
耐寒性と樹高を生かしてお庭を南国ムードいっぱいに変身させるも良し!

もしも欲しいという方がいらっしゃいましたら、
コメント欄にでも非公開でメールアドレスを載せていただければ返信致します

一応締め切りは8月末までとさせていただきます。
誰も応募しない気がプンプンしますね!

・・・という事で、果樹には恵まれない旅行にはなりましたが、
スペインは本当に良い国ですよ~
行こうか迷っているなら、是非行ってみるべきです
スポンサーサイト

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2013.08.11 00:12|日常
前回のお知らせ期間中、スペインへ行ってきました

闘牛場

正直、果樹方面には期待していませんでしたが、
予想通り、あまりこのブログのネタにはならない旅となりました(笑

・・・まぁでもせっかくですので、なるべく植物に関係したものだけを載せつつ、
かる~く紹介していこうかと思います


関空からカタール航空にて、ドーハ乗り継ぎで18時間近くかけて
スペインのバルセロナへ

ガウディのトカゲちゃん
↑ガウディの作品群、グエル公園でトカゲちゃんと写真を撮りつつ

だばだ~
↑サグラダ・ファミリアへGO!
この建物を眺めながら違いのわかる女としてコーヒーを飲みたかったです

外観は勿論素晴らしいのですが、
内部1
↑内部の木の幹を模した巨大な柱や・・・

内部2
↑ステンドグラスがとても印象に残りました
実際に入ると、その天井の高さに驚きます。

果物の彫刻
↑ちなみに、よ~く見ると、外部の塔の天辺には、果物や野菜が彫刻されています
塔のある方角(東西?)によって、春と秋の果物が
それぞれ配置されているそうですが、詳しい事は忘れましたw


中庭
↑スペインで行きたかった場所のひとつ、グラナダのアルハンブラ宮殿。

イスラムの繊細なレリーフに覆われた建物は、
ボキャ貧の私ごときが表現するのもおこがましいレベルで、
この感動を実際に伝えられないのが残念です

庭園には色とりどりの美しい花が植えられています。
スペインの日差しと青い空には、ブーゲンビリアがよく似合いますね

ここ、グラナダという町の名前は、スペイン語で「ザクロ」を意味しているそうです。
たわわザクロ
↑その名の通り、町の至る所に、街路樹としてザクロが植えられていました。
私の家のザクロと、そう大きさが変わらないのに、鈴なりたわわ状態です
気候が合うのでしょうね、羨ましい・・・

実は、今回の旅で黒ザクロがゲットできるんじゃないかと、密かに期待していましたが・・・
青い・・・
↑まだちょっと早かったようです・・・無念・・・


ミハス
↑白い壁の村、ミハス

実は動かない風車
↑コンスエグラのドンキホーテの風車

他にも、崖の上の町ロンダや、コルドバ等、色々な所を巡ったのですが、
どれもあまりこのブログに関係なさそうなので省略します
バレンシアの生絞りオレンジジュースがおいしかったぐらいでしょうか

ちなみに、移動はカーブを時速200km近くで脱線した某鉄道ではなく、バスでした
(旅行中、TVではこのニュースばかりでした

バスで移動中の景色は
もこみち畑
↑遥か向こうの山まで続くオリーブ畑と

ひまわり畑
↑広大なひまわり畑が印象に残っています。

特にオリーブ畑は、本当にどこまでいっても&どこにいっても畑が続き、
そりゃ速見もこみちがオリジナルオリーブオイルを作りにいくわなというレベルですw

収穫は下にネットを敷き、棒で叩いて行うそうですが、何日かかるのか想像できません

スペインでの最終日は、マドリッドでの自由行動でした。
そちらの様子は、その2にて紹介します

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。