--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.29 21:38|ピタンガ
貴重な1個を収穫したバーミリオン。

その後は、葉が茂るのみで、寂しい思いをしていましたが・・・
私のにも蕾が!
↑なななんと、新しく出た葉と一緒に、蕾が2個出てきました
大きさは5ミリ程の、小さな蕾です。

これはもしや、他の新芽も蕾ちゃんモリモリ祭りを開催するのでは?!と
期待してましたが、残念、この2個のみでしたw

開花を見逃すまいと、毎日観察していたのですが、
右側の蕾は、1日見逃した隙に、開花して散っていましたひどい!!

開いてきました
↑右が散って数日後、左の蕾が開き始めました。

そして・・・
かわいい花ですね
↑開花しました
おしべがポンポンでかわいいですね

実の大きさから想像して、もっと大きい花が
咲くのかと思っていたら、予想よりも、小さくて可憐な花でした
ラズベリーと同じくらいでしょうか。

受粉させようかと思いましたが、めしべが細くて、柱頭がどこにあるのかわかりませんw
とりあえず梵天で撫でておきました。

来年暖かくなったら、沢山の花を付けてほしいですね
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.24 23:04|グアバ
欲に負け続けた結果、耐寒性のない植物も増えてしまい、
昨年よりも早く温室を出さないといけなかったりして、準備に追われている中・・・

温室に入れなくてはいけない奴等が、ここにも沢山・・・
実生グアバ軍団
↑鉢上げした実生グアバ軍団です。

大分涼しくなってきたのに、グングン成長しています。

ちなみに左の方に写っているのは、トリマーおやじさんにいただいたグラパラリーフです
かわいい芽と根が出てきました

成長早し
↑大きなもので、現在15cmぐらいです。

前回、追加で蒔いたキンググアバは、2苗しか発芽しなかったです。
今考えると、そこでやめておけば良かったものを・・・

懲りずに追加で、小粒ですが、糖度の高いというグアバが親の種を、
どうせまた発芽率悪いだろうし、という事で20粒蒔いたら・・・
続々発芽
↑予想以上の発芽率
現在も次々と産声をあげ続けています;もうやめて!お前達、発芽するんじゃない!!
発芽してないように見えるポットも、よく見ると種からしっかりと根が
目覚めるのも時間の問題です。

このグアバ達、強欲な私が、実を付けて味をみるまで
リストラできない事を知っているとしか思えません

まずいグアバしか食べてないのに、ひたすらグアバを増やし続けるとは
一体なんの修行をしているんだコイツはという感じですが、
最終的に1本(最悪0本ですがw)に絞るまで、頑張るしかありません

早くも、来年の冬が恐ろしくなってきました

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.21 21:31|フィンガーライム
欲望に負けたという以前に、そもそも最初から
勝負していないんじゃないかという気がしてきたシリーズ第四弾

今回は、『森のキャビア』こと、フィンガーライムです

フィンガーライム
↑現在10センチ程です。

フィンガーライムは、ミジェンベリーと同じオーストラリアの植物で、
ミカン科の柑橘類です

"フィンガー"ライムという名前の通り、人の指のような細長い形をした果実がなります。
そして、その果実を切ると、中からむりむりもりもりと
キャビアのようなつぶつぶの果肉が出てきます

森のキャビア

これだけでも十分個性的な植物なのですが、最大の特徴は・・・

とってもカラフル
↑このカラーバリエーション!!!

なんと現在、18種も確認されているらしく、
思わず集めたくなるコレクター心を非常にくすぐる植物です

ちなみに最初の写真の苗の親木は、
果皮がグリーン、果肉がピンクのタイプだそうです。
実生苗なので、遺伝してくれるかはわかりませんが・・・

寒さにも強く、九州では露地栽培も可能だそうです。

そんな素敵なフィンガーライムですが、
実生だと実がなるまで5年~15年と、非常に開きがあるものの、
かなりの年月を要する事は間違いないようです

トゲトゲ
↑トゲトゲの間に、かわいい丸っこい葉が生えています。

まだ苗が小さい為、トゲも小さく柔らかいのですが、
成長すると中々凶悪な事になりそうです

もう一苗あり、
森の辛子明太子
↑こっちは5センチくらいの小苗です。

実がなるのは何年後?
↑これは親木の果皮、果肉共に赤色のタイプなので、
森の辛子明太子と呼ぶべきですね

実は、更にもう1苗、果皮と果肉がグリーンのものを注文していて、
それはこの2苗よりも大きい苗(多分)なので、楽しみです。

何年後になるかわかりませんが、
カラフルなフィンガーライムが収穫できるといいなぁ~

あ、そういえば欲負シリーズは全5回の予定だったんですが、
5回目紹介予定のヤマモモを、上記の緑フィンガーライムと一緒に、
来春発送してもらう事になったので、今回で終わりです。

・・・ただ、また新しいのを色々お迎えしちゃったので、
苗木紹介はまだまだ続きそうです

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.18 23:27|アビウ
前回、切り戻し後に葉が茂る事なく、枯れてしまったアビウ。

順調に育てば、結構大きくなりそうなので、
再挑戦するか迷っていたのですが、
実は8月初めに新たなアビウをお迎えしていました

再挑戦!
↑新しいアビウです
今度のは、ヒョロヒョロ徒長する事なく、元気に育っています

葉っぱモリモリ
↑葉っぱもフサフサモリモリ、順調です。

新葉も続々
↑新葉が次々出てきてくれる、安心の成長ぶり
ただ、カイガラムシがよく付くので、こまめに取ってます。

幹も大きいです
↑幹もしっかりしています。
前回のは鉛筆の様でしたからね

こうして見ると、購入する苗の状態の良し悪しが、どれだけ重要かよくわかりますね。
・・・まぁ、購入後の首チョンパが致命傷だったのは間違いないですが

再挑戦という事で、今度こそ枯らさないように気を付けて、
念願のモチモチワラビモチを食べたいですね~

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.15 22:08|ミジェンベリー
ミジェンベリーについて、色々調べてみたので、
自分用のメモも兼ねて載せておきます

!注意!
間違っている情報もあるかもしれません
何かあったら追加や訂正していきます。


・フトモモ科で、常緑の小低木のようです。
 成木でも樹高は1m程で、高くならず横に広がるタイプ。

・好適pHは、5.0~6.5
 弱酸性の土が良さそうです。

・クライメートゾーンは9-11
 (日本のクライメートゾーンはこちらで調べる事ができます)
 私の所は9aなので(実際はもう少し暖かく感じますが)
 ぎりぎり温室なしでもいけるかも?!
 ・・・11b辺りに住みたいですね。

・目立つ病害虫は特になし
 日本だとどうでしょう;

・水切れに弱い
 荒野育ちのくせに!


・・・あまり役に立ちませんが、とりあえずこんな所です。
同じフトモモ科のピタンガが10aなので、それと比べても耐寒性はあるようですね。
まぁ、実際には越冬できてもダメージが大きかったりしそうなので
今年は安全に温室で過ごしてもらおうかと思います

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.13 23:05|マラン
次々とお迎えで、増える一方の果樹達ですが、
悲しい事に、いなくなる果樹もあり・・・

しかもそれは、大きくなれよと可愛がっていたマランでした

8月中旬までは、順調に葉を増やし、元気に育っていたのですが・・・
落葉
↑ある日、下の方の葉の色が悪くなり、落葉。
それから次々と、葉脈だけを残して茶色くなり、新しい葉までどんどん落ちていきました

そして・・・
南無・・・;
↑9月半ばには、ついに枯れてしまいました

最初の葉が落ちてから、残りが全部落ちて、枯れるまであっという間でした。

葉脈だけが緑という枯れ方から、何らかの要素が
不足してたんじゃないかと思うのですが・・・

こんな事なら、もっと元気な頃の写真を撮っておけばよかったと後悔です:
ちゃんと冬も越してくれたというのに、まさか夏に枯れるとは。。。

誰ですかね、前回の日記で『枯らしませんけどねっ』とか言って
鼻息荒くしていた奴は・・・
初登場の次の記事で退場とは予想してなかったですよw

ハダニやアブラムシ、ハマキガにも大人気で、
虫除けも中々手間のかかるマランでしたが、
どうしても栽培してみたいので必ずリベンジします。

一応、次はこんな感じで育ててみようという案はあるので、
次回は上手く育ってくれると嬉しいなぁ

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.09 21:37|ミジェンベリー
苗木の欲望にブログの更新が追いついてないシリーズ第三弾

今回はちょっとマイナーな植物なのですが・・・
Midgen Berry
↑Midgen Berryです

何と読むんでしょう?
ミジェンベリーと表記されているサイトさんがあったので、それに従う事にします。

ミジェンベリーは、オーストラリアに自生しているフトモモ科の果樹だそうで、
ミジェンベリーの実
↑こんな白くてコロコロした実がなるそうです。

ミジェンベリーの花
↑いかにもフトモモ科な感じのかわいい花が咲くみたいですね。

肝心のお味ですが、結構おいしいと書かれているので、期待してます

・・・ただ、今まで食べてきたフトモモ科の果樹達は、
個人的に味にクセを感じるものが多かったので、それが少し不安かも

葉のアップ
↑葉は、色が先端からピンク~黄緑~緑とグラデーションになっていて綺麗です。

収穫できますように!
↑樹高はまだ30センチくらい。

あまり日本での栽培情報がなく、うまく育つか心配していますが、
白いコロコロベリーを食べる為に頑張りたいと思います

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.10.03 22:56|ピタンガ
先日購入したバーミリオン。

実が1個だけ付いていたのですが・・・
赤くなりました!
↑赤くなりました
前日まで緑だった気がするんだけど、気のせいかな・・・?
一気に赤くなるのかも?

赤くなると可愛さが更にアップですね

貴重な1個、完熟を食す為に、このまま1週間程放置していましたが、
その後、触ったらポロっと取れたので、収穫しました

完熟?
↑果皮が張っていて、中身が詰まってそうです

すぐにパクッとしたいのを我慢して、恒例の切断コーナー
切ると・・・
おしりピタンガ
おしりが出てきました!!!
なんと、種が2個入ってました
ピタンガって実ひとつに付き、種1個かと思っていました。
それともこれが珍しいんでしょうか?

食べてみると、皮のパリっとした食感の後に、
甘酸っぱい果汁がたっぷりと出てきて、おいしいです
1個じゃなくてもっと食べたい!(笑

ただ、一瞬ですが、瞬間接着剤を食べたらこんな味がしそう的な風味がありました
これが噂のヤニ臭?!
しかし、気になる程ではなかったです。流石バーミリオン
通常のピタンガだと、この風味がもっと強いんでしょうね;
それはちょっと嫌だなぁ・・・


次回は私の家で開花~結実をしてくれる事を祈ります
鈴なりピタンガになってくれるといいな~!

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。