--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.04.26 22:27|アーティチョーク
もう四月も終わろうとしている今日このごろ。

私が収穫を大変楽しみにしている植物が活動を開始しました。
我が果樹園のエース・・・

水やりの後は葉っぱピーン

アーティチョークです

<果樹ちがう・・・(ボソッ

昨年、園芸にハマったばかりで、碌に収穫できず、
収穫できてもマズいものばかりだった中で、唯一救いの手を差し伸べてくれた偉い奴です。
播種後2年、昨年に比べて倍以上大きくなりました。

そんなエースですので、他の果樹達を差し置いて、
家で一番大きな65リットル鉢というエース専用住宅にお住まいです。
(どうでも良い事ですが、鉢置き台としてキャスター付きの洗濯機置き台を代用しています。
サイズが調整でき、耐荷重量も結構あるので、意外と便利でおすすめです。)

アーティチョークとは、キク科の多年草で、チョウセンアザミとも呼ばれます。
が、特に朝鮮とは関係ないようです。まぎらわしい・・・
ヨーロッパではメジャーなお野菜で、結構沢山の品種があるようですが、
日本ではまだまだマイナーですね

このアーティーチョーク、収穫して食べる部位は、葉でも根でも実でもなく、

”開花直前のツボミ” を食べます

例えば、果樹だったら、
花芽が付く→開花する→受粉する→果実の肥大→収穫 
という長く苦難の道のりとなります。

しかし、アーティチョークは、
花芽が付く→収穫する の2プロセスのみ
ツボミができただけで勝利確定です、流石エース


そして・・・
葉の奥に・・・!
ツボミがつきました
わかりずらいですが、よく見るとツボミの上に子カマキリがいます。
我が勝利を更に盤石なものとする為に護衛をしてくれるそうです、頼もしいですね。

アーティチョークは、大きく分けて、蕾が緑色のタイプと紫色のタイプがあります。
うちのはViolette de Provence(バイオレット デ プロヴァンス?)という、
紫色の品種です。
(種を蒔いた後で知ったのですが、おいしいと評判の品種だそうです、ラッキーでした)

かきわけてみた
まだ小さいながらも、ガクにするどい棘が付いています。
これが食べる時に邪魔なんですけど、その話は収穫時にする事にします。


と、言う事で、暫くはリン酸責めじゃーーー
収量アップを狙うぞ
スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.24 21:51|ビリバ
女王様が(胃袋に)去り、今度は伯爵夫人がやって来ました。

ビリバです。
伯爵夫人の果物

大きさ比較
結構大きい
重さもずっしりです

そして何よりこの見た目
日本の果物には決してないあやしい外見、まさにトロピカルフルーツの雰囲気満点です
届いてから小一時間なでまわしましたが、ツボが刺激されそうな形状です
黄色とトゲの先端の黒くなった部分が、
痛んだというよりも、こんがり焼き色がついた感じでおいしそうに見えます。
匂いはほとんど感じません。アテモヤに比べて果皮が厚いせいでしょうか?


届いた時点で食べごろかな?、とも思いましたが、
2日程観賞し、いよいよカット



一番ワクワクする瞬間です
おおっ、おいしそう
中身が痛んでないか心配でしたが、大丈夫だったようです。
白と半透明の果肉が混ざっています。

早速スプーンですくって食べると・・・
うーん、むむむ・・・
難しいですが、バナナの酸味+乳酸菌飲料?・・・かな???
高知県民にしかわからない例えをするとリープルの甘みを抑えたような味ですかね。
さっぱりしていておいしいです

後日、残りを凍らせて食べてみましたが、ヨーグルトアイスのようで
個人的にはこっちの方が好きかも

何の味に似ているか考えているうちに、伯爵夫人もあっという間にいなくなってしまいました


私の家にもビリバ(デリシオサ)は植えてありますが、鉢増しをする際に鉢を落としてしまい、
主幹がボッキリ逝きましたごめんよー!!!!!!
なんとか新芽は出てきてくれたものの、不格好な姿に・・・
彼にはめげずに成長してもらいたい
先日の風で葉もよじれ気味です。
収穫はまだまだ先かな。。。

鉢植えでは、収穫できても今回のビリバ程は大きくならないでしょうが、
いつかは食べてみたいものです。

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.15 23:13|ボリビアマンゴスチン
予約していたマンゴスチンが、ようやく届きました。

箱詰め女王様

魅惑の白にんにく
1年ぶりの再会です。

初めて見た時は、にんにく入ってる!!と思いましたが、本当においしい!!
果汁たっぷりで甘みと酸味のバランスが絶妙です
これを沢山食べられる東南アジアの人々が心底羨ましい。。。
中身はミカン程の大きさなので、つい、もう1個もう1個と食べていたら
女王様はあっという間にいなくなってしまいました


本家マンゴスチンは、日本では収穫どころか栽培もかなり難しいようですが
どうしても育ててみたい!

という事で、マンゴスチンはマンゴスチンでも、
ボリビアマンゴスチン(アチャチャイル)を育ててみる事にしました。
実の形はマンゴスチンと随分違うみたいです。
ビワかトケイソウのリグラリスっぽい?

難易度が高い事には変わらなさそうですが、沖縄で結実している(らしい)という事は
高知でも温室があれば、もしかするともしかするかもしれません?!

そしてネットで注文し、苗木が届きました。
梱包も丁寧で、状態も良さげです

「よく来たね、寒かったろう?早く温室にお入り・・・」とやさしく話しかけながら
土がこぼれないように包んである白いビニールを外しました。

すると袋の底に何かがいます

ムカデです

まだ小さな子ムカデが3匹程、うろついています!
あわてて鉢を見ると、急に明るくなってびっくりしたのか
他の子ムカデ達が次々と土に潜っていきます!

一昨年、寝ている時にパジャマに巨大ムカデが侵入して以来、
完全にトラウマになっている私は、
これはやべえ!!と急いでタライに水を張り、鉢を漬けました。
すると大量の子ムカデ達が水面に(以下略

混乱して、オルトランを入れてみたりもしましたが、
このまま放っておいてはアチャチャイルも根腐れしてしまいます

結局、タライの中で鉢から苗を出して、何とか土を洗い落とし、他の鉢に植え替えました

次の日、恐る恐るタライを覗くと子ムカデ達は水死していました。
ヤスデだったらまだ良かったのに・・・

こうして、恐怖のムカデハザードは防がれたのですが、
購入早々、アチャチャイルに根洗いという大きなダメージを与えてしまいました

この時期は、植物が育ち始める楽しみな時期であると同時に、
虫達の活動も盛んになってくるのですよね

死闘の末に
枯れるなよ・・・!

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.12 21:49|ホワイトサポテ
昨年11月末から12月にかけて、ホワイトサポテが開花しました。

このサポテ、受粉用にタイプⅡであるバーノンとして購入したのですが、
開花した花を見ると、花粉がない!?
葯自体が大変小さく、からっぽに見えます。それでいて子房が大きいような気がします。
(写真がないのが残念

疑問に思い、ネットでバーノンの花を検索してみると、
うちのと違って、花粉がみんなモリモリついてます

これホントにバーノンなの?と思いながら、
ひたすら柱頭に葯をチミチミもいで乗せていく地道すぎる作業を続けました。

すると、ほとんどの実がポロポロ落ちていく中で、2つだけ肥大し始めました。
ゴルフボール程の大きさになった所で、1つが落果。
もったいなかったので、食べられないとは思いつつも保管。

・・・置きすぎてカビくさくなってしまいました
なにやらカビくさい

試しに切ってみる。
ちょっとグロい
驚いた事に種がひとつ入ってました
ホワイトサポテは受粉してなくても小さな実がなると
どこかで見たので、それかと思ってましたが違ったようです。
恐る恐る食べるとカビくさいアボカドのような味がしました。(食うなよ

現在のサポテの様子です。
謎サポテ

↓残った1個。
大きくなれよ
直径は6センチ程になりました。早く食べたいなぁ
おへそ?が真横に付いているので、こちらも種が少ない奇形果のようです。


一応、種があったという事は、花粉は大変少ないものの、あるにはあるという事でしょうか。
でもバーノンかというと正直怪しいです
もしかしてクシオあたりの花粉があるタイプなんじゃないかと思いつつ・・・
まだ木が若い(接木1年)ので、花粉がないんだろうと信じておく事にします

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.09 20:54|アビウ
わらびモチの様な食感と聞いて、モチモチうまそうじゃん!!と昨年9月に購入したアビウ。
(私はこのような謳い文句に大変弱いです)

早く食べたいと思い、実生2年の苗木を購入したのですが、
届いた苗木がひょろひょろビヨンビヨン

ひょろひょろり
高さは鉢上から90cm、幹の太さはは0.8cm程でした。

しばらくはそのまま育てていましたが、
どうしてもこの失敗した打ち上げ花火の様な樹形が許せず、
枯れたらそれまでよと11月末にギロチンの刑に

その後全く変化がなく、天に召されたかと思っていた所・・・
最近になって木の表面に緑のプツプツが

そして遂に・・・
芽が出た
新芽が出てきました

自分でやっといて何ですが、生きててよかったです。

すまんアビウ
まだ棒ですけどね・・・

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.08 15:54|ライチ
温室内が暖かかったせいか、佐多ライチの花が2月初め?頃に開花しました。
こちらもアテモヤと同じく初開花です

人工授粉を試みたのですが、梵天が花の蜜ですぐにベタベタになってしまい
諦めていた所、昼間開けていた温室内にミツバチがやってきて、受粉を手伝ってくれました
まだ外は寒かったにも関わらず御苦労さまです。

しかし大量のミツバチがライチの花にたかる様は中々すごいものがありました
ミツバチの木と化したライチの写真を撮っておけばよかったです

そんなこんなで無事受粉したライチの実は、今このような感じです。
着果中

温室で開花したおかげで、雨や風に当らず、50個以上結実しています。
実は大体2~3センチ程です。

ライチの実

双子ライチ
↑珍しい双子ライチもいました。

このまま全て大きくなってほしいけれども、最近落果が多くなってきました
沢山着果しても、収穫できるのは少しとは聞いてはいますが、
実が大きければ大きいほどショックは大きいです
そろそろ温室を片付ける予定なので、最近の嵐の様な風にやられてしまわないか心配です

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.07 23:56|アテモヤ
アテモヤ(ジェフナー)が初めて開花しました。

2月頃、昨年伸びた枝を剪定したら初出蕾し、本日咲きました。
そろそろ咲きそうだとは思っていたものの、花が地味&初めての事なので
いつ咲くかわからず、出掛けて帰宅するとこの状態に

アテモヤの花

あわててアテモヤを栽培されている他の方のやり方を参考にして
花弁をむしっておしべを付けてみました
めしべが湿った感じだったので、まだ雌ステージだったら良いのですが・・・
その後、温室内に散水して湿度も上げておきました。

落ち着いたので、匂いをかぐとメロンのようないい香りが広がります

果たして我が家で森のアイスクリームは収穫できるのか
大きな蕾は他に3つあるので、そちらにも期待です
(本当は10個以上付いていたのですが、ポロポロ落ちてしまいました

4月8日
写真追加しました。
受粉してますように

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.07 23:31|はじめに

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。