--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.17 22:26|アーティチョーク
アーティチョークを収穫せずに開花させてみました

開花!

沢山収穫し、もう何番花かわからない状態の小さな蕾でしたが、
蛍光っぽいバイオレットで、かなり目立ってキレイです

大きさは直径8センチ程で、1週間以上も雨の中で咲き続けていました。

一番花を開花させたら、これよりずっと大きくて迫力ある感じなのでしょうね。
まぁ咲かさずに食べますけどねっ!(笑)


これで今年の花は終了して・・・
復活待ちです
↑葉が枯れて、みすぼらしくなってきました。

アーティチョークは開花後、地上部が枯れて休眠っぽくなり、
涼しくなってきた頃に、小さな子株が沢山出てきます。

来年もまた、大きな蕾をつけてほしいですね

・・・って、ベストな収穫時期を見る為に開花させたのに、
雨のせいでいつ開花したのか見れなかったやんけーーー
スポンサーサイト

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2012.05.21 23:02|アーティチョーク
という事でアーティチョーク調理編です

調理編とか書いてますが、今回調理したのは、私の従姉です。
私?私は味見兼撮影係です(ドヤァ

蕾をまるごと味わえる、シンプルな茹でアーティチョークですぞ
痛いトゲトゲ
↑アーティチョークのガクの先端には、鋭いトゲがあります。
そのままだと食べる時に、手に刺さって痛いので、先端を切り落とします。

スパッとね
↑切り口にはレモン汁をよく塗り塗りしておきます。

茹でます
↑蕾が丸ごと入る大きな鍋に、たっぷりの水+お酢かレモン汁+塩で、
15分~20分程、茹でます。

茹であがり!
↑茹であがりました!早くも完成です!

茹でると、濃い紫色だった蕾が、暗めの緑色になります。これで私のが紛れてわかるまい・・・
ソースは、色々あるみたいですが、私はオリーブオイル+塩が好きです

それでは、いただきます
おいしいです
↑ガクの付け根部分の白っぽい所を、歯でこそいで食べます。

外側は、あまり食べられる部分がないですが、
内側に進むにつれて、段々と食べれる部分が多くなります。

味は、タケノコ+枝豆という感じです!
一枚一枚めくって食べるのは、面倒ですが、楽しいです

そして、ガクを全て食べ終わると・・・!
お楽しみの中心部
↑花びら?おしべ?が出てきます。
(この部分は、普通は食べないそうですが、今回は柔らかかったので、食べてみました)

このおしべの下、蕾の中心部分が「ハート」と呼ばれる、
アーティチョークの一番おいしい部分です

コリコリとした歯ごたえで、アーティチョーク独特のよい香りがします
ここに辿り着くまでが、毎回楽しみなのです。

汚くてすいません・・・
ごちそうさまでした

最初は、蕾の色の違いが気になってましたが・・・

~結論~
どっちもうまい


以上、私はなにもしていない調理編でしたっ

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.05.20 21:52|アーティチョーク
せっかく途中まで書いた記事がミスって消えました
もっかい書きます↓


先週、今週とアーティチョークを収穫しました
大きくなってきました

今年は何故かアーティチョークにカメムシが沢山やって来て、
カメムシ恐怖症の私は、怯えながら収穫しました
去年は一匹も来なかったのに不思議です。カメムシこわい・・・

一番花です
↑開花直前の、大きくなったものを収穫します。

待ち過ぎるとガクが開いてくるので注意ですが、
私はまだベストなタイミングがよくわかりません

もったいないけど一度開花させてみようかな・・・花は大きくて見応えありそうな感じです。

収穫です
↑蕾を収穫した後は、変色しないように、切り口にレモン汁を塗ると良いです

残った本体の方の茎には、ペーストのトップジンMを塗っておけば、
茶色く枯れこんできません。
そのうち脇から2個目、3個目が収穫できます。


さて、実はこのアーティチョーク、親戚の家の畑にも
同じ種の袋から育てたものが植わっているのですが・・・まるまるしてる・・・!

なんじゃこの違いは!?
蕾の色、形とまるで別の品種の様です
個体差?日当たり?それとも鉢植えと地植えの違い!?
65リットル鉢では足りぬと申すか!?


色が違う~
週末にその親戚の家に行ってきたので、並べて撮影です

私のは収穫が遅れて、開き気味になってしまいました
(記事の最初に載せた蕾とは別のやつです)
にしても並べると更に違いが目立ちますね

さてさて、では肝心の味はどうなのか?!
次回、調理編です


~追記・深まる謎~

・・・ん?
良く考えたら蕾が小さい時は、うちのも濃い紫だったような・・・?いつこうなった?!

↓前回載せた写真
紫だったあの頃
去年収穫したのも紫だった気がするなぁ・・・う~むむ・・・

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

2012.04.26 22:27|アーティチョーク
もう四月も終わろうとしている今日このごろ。

私が収穫を大変楽しみにしている植物が活動を開始しました。
我が果樹園のエース・・・

水やりの後は葉っぱピーン

アーティチョークです

<果樹ちがう・・・(ボソッ

昨年、園芸にハマったばかりで、碌に収穫できず、
収穫できてもマズいものばかりだった中で、唯一救いの手を差し伸べてくれた偉い奴です。
播種後2年、昨年に比べて倍以上大きくなりました。

そんなエースですので、他の果樹達を差し置いて、
家で一番大きな65リットル鉢というエース専用住宅にお住まいです。
(どうでも良い事ですが、鉢置き台としてキャスター付きの洗濯機置き台を代用しています。
サイズが調整でき、耐荷重量も結構あるので、意外と便利でおすすめです。)

アーティチョークとは、キク科の多年草で、チョウセンアザミとも呼ばれます。
が、特に朝鮮とは関係ないようです。まぎらわしい・・・
ヨーロッパではメジャーなお野菜で、結構沢山の品種があるようですが、
日本ではまだまだマイナーですね

このアーティーチョーク、収穫して食べる部位は、葉でも根でも実でもなく、

”開花直前のツボミ” を食べます

例えば、果樹だったら、
花芽が付く→開花する→受粉する→果実の肥大→収穫 
という長く苦難の道のりとなります。

しかし、アーティチョークは、
花芽が付く→収穫する の2プロセスのみ
ツボミができただけで勝利確定です、流石エース


そして・・・
葉の奥に・・・!
ツボミがつきました
わかりずらいですが、よく見るとツボミの上に子カマキリがいます。
我が勝利を更に盤石なものとする為に護衛をしてくれるそうです、頼もしいですね。

アーティチョークは、大きく分けて、蕾が緑色のタイプと紫色のタイプがあります。
うちのはViolette de Provence(バイオレット デ プロヴァンス?)という、
紫色の品種です。
(種を蒔いた後で知ったのですが、おいしいと評判の品種だそうです、ラッキーでした)

かきわけてみた
まだ小さいながらも、ガクにするどい棘が付いています。
これが食べる時に邪魔なんですけど、その話は収穫時にする事にします。


と、言う事で、暫くはリン酸責めじゃーーー
収量アップを狙うぞ

テーマ:ガーデニング
ジャンル:趣味・実用

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

こぴむす

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。