--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやぁ、台風17号と、前線の影響による大雨がすごかったです
高知は昨晩から本格的に降り始めたのですが、
雨の音がうるさくて中々眠れませんでした

風はそこまで強くなかったので、鉢が倒れたりはしませんでしたが、
小鉢が多くて、水遣りが面倒な実生グアバ軍団を、
最近はタライで腰水状態にしていまして、それをすっかり忘れたまま、
朝見ると鉢が全て水没していましたw
根腐れしていませんように・・・

夕方頃、ようやく小雨状態になったので、外に出ると・・・
虹だ~!
↑綺麗な虹が
よく見ると、虹の外側に、もうひとつ虹が出ているのですが、うまく写りませんでした

雨の話はここまでにして、今回は↑の写真の左下にも写り込んでいる、
ブラックベリージャムフルーツが久々の登場ですw

成長しました
↑今年に入り、土の入れ替えを行ったのですが、
それが良かったのか、急激に大きくなってきました

樹高は現在1メートル程でしょうか。
お迎えして2年、実生3年目のブラックベリージャムフルーツ。
そろそろ開花してほしいなぁ~と思いつつ世話をしていたある日。

いきなり咲いてた
↑突如、前置きなく白い星型の花が出現しました!!

いつの間に出雷してたの?!と、よ~く観察してみると・・・
保護色すぎるw
↑蕾がありました!わかりづらっ!!w

くるくると巻いた、パラソルの様な形状です。
この後、花柄(?)が5センチ程にまで伸びてから、開花します

花拡大
↑花のアップです。
中心の白いのがめしべ、それを取り囲む5つの茶色いものが葯ですね

この葯の中に花粉が入っているのですが、
どうやら開花と同時に、花粉が自動的にめしべにくっつく様になっているみたいです。

上の写真でも、見えづらいですが、一番手前の葯から出た花粉が、めしべに付いています。

正に受粉の手間いらず!!!はあぁ、素晴らしいですね!!
他の植物も見習ってほしいなぁ~!!チラチラ

1つの花は1週間程咲き続け、やがて落ちるのですが、
ひょろひょろ
↑その際、ヒョロ~っとした花柱(?)だけを残したままの奇怪な姿になります
下の茶色い所が柱頭だった部分です。

ここでちょっとツッコミたいのですが、こんなに花柱を長くする必要があるのでしょうか?w
いくら開花直後に自動的に受粉するとはいえ、
この長さだと、花粉管を子房まで伸ばすのも大変だと思うのですが・・・w

・・・まぁ、ブラックベリージャムフルーツなりに考えている所があるのでしょう、きっと
この部分は他の植物は見習ってほしくないですね

受粉成功
↑しばらくすると、ヒョロヒョロが外れ、子房が膨らんできます。
白い模様が出てきました。

膨らんできた
少しづつ大きくなって・・・

かわいい形
↑楕円状の実になりました。
写真では大きく見えますが、実際は3センチちょっとしかない、小さな実です。

これが黄色くなると、熟したサインらしいですが、まだ我が家のは黄色くはなっていません
大きさ的にそろそろだとは思いますが・・・

開花中
↑花は7月中旬から咲き始め、8月がピークで、今も咲き続けています

実が小さくて、種が多く、可食部が全くなさそうなブラックベリージャムフルーツですが、
ジャムのような果肉を早く見てみたいですね!どんな味なんだろう
スポンサーサイト

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2013.09.02 21:54|ドラゴンフルーツ
いつの間にやら9月に突入し、日の入りが早くなってきましたね

もう9月だというのに、今回はスペイン旅行前に収穫した
ドラゴンフルーツの食レポを、超今更に行いたいと思います

昔々・・・ええと、確かあれは7月の暑い日の事でした・・・
色付き
一番最初に結実したドラゴンが、ついに真っ赤になりました。
その後、10日程放置したところで熟したかな?と思い収穫しました

ずっしり
↑樹になっている時は、あまり思わなかったのですが、手に乗せると結構デカイ

デカイ(確信)
↑重さを計ると527グラムでした
一般的なドラゴンが、450グラム前後だそうなので、やはり大きいです。
鉢でギュウギュウに育ててこの大きさなので、地植えだともっと大きくなる予感

ピンク肉
↑毎度お楽しみのカットタイムです。
おお、果肉がピンク色ですね
という事は、この品種はディライトで間違いなさそうです。

さてさて、初の自家製ドラゴンフルーツ、そのお味は・・・!


あんまり甘くないかも・・・
あと、食べた後にほんのり白肉種っぽい青臭さがあります。

うーむ、と思いつつ、こちらも毎度の糖度測定をすると・・・
残念
12.7度と微妙な結果にw
正直、スーパーで販売されている赤肉種の方がおいしいと思いましたorz
品種モノだから期待してたのに

あ、でも大きいので食べ応えは十分です!(フォロー


さて、気を取り直して、もう1種・・・
期待の品種
小粒で甘い!!期待の品種、ブードゥチャイルドです
3個開花し、2個結実しました。

ディライトは、目に見えて大きくなっていく様子が観察できたのですが、
こちらはあんまり大きさが変ったように見えないまま・・・
もう終わり?
赤くなってしまいました

小さっ!!
・・・ちまっ

驚きのミニマムサイズ
↑その大きさ、なんと120グラム!
ディライトと400グラム以上の差があります

小さいと聞いていましたが、本当に小さいです!

赤肉
↑カットしてみました。色は普通の赤肉ですね。
端の色が黒っぽいのは、間違えて床に落としてしまったからです

可食部はニワトリの卵より一回り大きいくらいです。
甘いとの噂通りの味になるかっ?!
ドキドキしながら、少ない果肉を食べてみると・・・

!!おいしい!!
ドラゴン特有のさっぱり風味なのに、しっかりと甘味が感じられて、
青臭さも全くないです。


甘かった
↑糖度はやはり18度と中々でした
小粒だけど甘いという噂は本当ですね。

ディライトの大きさで、ブードゥの甘さを持ったドラゴンがあったらいいのになぁ

残ったのはアメリカンビューティーですが・・・
無念
こちらは受粉せず、落ちてしまいました
根元が緑だったので、成功したかと思ってましたが残念です
また開花すると思うので、次回こそですね。

そういえば、話は変わるのですが・・・
コカコーラから発売されている、グラソービタミンウォーターのドラゴンフルーツ味
img59350072.jpg
↑コレ

試しに飲んでみて驚きました。

ドラゴンフルーツの味は微塵もしませんが

ピタンガの味にそっくりです!

あの甘味の後に来る、クセのある独特の味が完璧なまでに表現されています!!!w
(本物はもうちょい樹脂臭強めですが・・・)

ピタンガを食べた事がないけど、気になっているという方は是非これを飲んでみて下さいw
食べた事がある方も、この再現ぶりを味わってほしいですニヤニヤ

ドラゴンフルーツの記事なのに、何故か最後はピタンガの話になってしまいましたが、
以上、ドラフル食レポでした

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2013.08.11 00:22|日常
スペイン最終日のマドリッド編です。

午前中、プラド美術館を訪れた際に、近くに植物園がある事を知り、
これはチャンス!という事で行ってみる事に

この植物園は、約250年前にカルロス3世が創設したという、王立植物園だそうです

売店
↑入園料の3ユーロを払って中へ入ると、門のすぐ側に小さな土産物屋さんがありました。
今回、唯一の園芸関係のお店ですw

種
↑種を沢山売っていました。
日本では見た事のない植物の種もいくつか・・・
個人的にはモーニングスターの様なトゲの生えた謎カボチャが気になりました

「日本の花詰め合わせ」というものも売られていましたが、
パッケージに桜と富士山の絵が描かれていて、肝心の中身はわからずw

緑と紫
↑こちらではよく食べられているだけあって、アーティチョークの種も豊富でした。

何か熱帯果樹はないものか?と探していると、なんとバナナの種を発見
可食部の少ない種有りバナナ、しかもバナナは詳しくないので、
品種名を見てもどんなものかさっぱりですが、
スペインでバナナの種を買うのも、思い出の内だろうwという事で即購入
帰国してからの楽しみができました

落ち着きます
↑内部には、噴水やベンチがあり、植物園というよりは、公園といった雰囲気。
敷地はかなり広いです。

暑かった・・・
↑暑さにも負けず、綺麗に咲いています。

綺麗なダリア達
↑様々な種類のダリアが満開で、とても印象に残っていたのですが、
後で調べると、ヨーロッパに初めてダリアが渡ったのが、この王立植物園だそうです
(肝心の写真が綺麗に撮れてなくてすいませんw)

これは入らねばw
↑しばらく歩くと、温室がありました!早速突入ですw

ふむふむ
↑内部は3つに分かれている模様。

サボテン
↑最初はサボテンコーナー
コノフィツムを沢山展示していました。

2室目が確か熱帯系の植物コーナーだったのですが、
ここらへんは正直、日本の植物園の方が充実している印象です。
果樹も探しましたが、隅っこにヒョロッとしたインドマンゴーが1本あるだけでした
ちょっと残念

かわいい!
↑3室目は、ソテツとかエアープランツが多め。
この赤い風鈴の様な可愛い花は何だろう?と思ったら、
日本ではフウリンブッソウゲという、そのまんまな名前のハイビスカスでしたw

じっくり観察する予定の温室でしたが、マドリッドの高温に温室の湿気が加わり、
熱中症になりそうなレベルだったので早々に退散

夜には、短時間ですが、念願の市場へ行くことができました
もぐもぐ
↑イベリコ豚の生ハムは最高においしかったです

しかし、市場、スーパー共に、特に珍しい果物はなく、がっかりでした
時期によっては、チェリモヤが激安で出回るみたいですが・・・

結局、この旅で食べたトロピカルフルーツというと、
機内食で出た、”激マズパパイヤのみ”という結果に

・・・しかし、私には植物園で買ったバナナの種があります!
今回唯一の熱帯果樹との出会いに感謝
これでワイも遂にバナナデビューや!!

お楽しみのバナナ
↑帰ったばかりで疲れて眠たいのを堪えつつ、
早速グーグル先生にこのバナナの品名を入力します。

ensete ventricosaという名前では、あまりヒットせず、
どうやらensete ventricosumという種の別名であるという事が判明。

そして更に調べた結果、いきなり目に飛び込んでくるニセバナナという衝撃の文字!!

結果。
・食用ではあるが、実ではなく、幹に溜まるデンプンを食用とするらしい
・5年程で花は咲くが、咲くと枯れる
・樹高は6~12メートル(袋には3~6メートルの表記)
・耐寒性は-5℃まで(関東でも露地植え可)

・・・バナナだけどバナナじゃなかったorz

袋の右下の円で囲まれた「私は善良な食用バナナですよ」みたいな写真を見て、
誰が幹のデンプンを食すバナナだと想像できたでしょうか?

こうして私のバナナデビューは早々に終わりを告げ、ここで突然のプレゼント企画!!

この12メートル級、進撃のニセバナナの種を、先着1名様に差し上げます!
幹を削ぎ落としてデンプンを採取するも良し!
耐寒性と樹高を生かしてお庭を南国ムードいっぱいに変身させるも良し!

もしも欲しいという方がいらっしゃいましたら、
コメント欄にでも非公開でメールアドレスを載せていただければ返信致します

一応締め切りは8月末までとさせていただきます。
誰も応募しない気がプンプンしますね!

・・・という事で、果樹には恵まれない旅行にはなりましたが、
スペインは本当に良い国ですよ~
行こうか迷っているなら、是非行ってみるべきです

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2013.08.11 00:12|日常
前回のお知らせ期間中、スペインへ行ってきました

闘牛場

正直、果樹方面には期待していませんでしたが、
予想通り、あまりこのブログのネタにはならない旅となりました(笑

・・・まぁでもせっかくですので、なるべく植物に関係したものだけを載せつつ、
かる~く紹介していこうかと思います


関空からカタール航空にて、ドーハ乗り継ぎで18時間近くかけて
スペインのバルセロナへ

ガウディのトカゲちゃん
↑ガウディの作品群、グエル公園でトカゲちゃんと写真を撮りつつ

だばだ~
↑サグラダ・ファミリアへGO!
この建物を眺めながら違いのわかる女としてコーヒーを飲みたかったです

外観は勿論素晴らしいのですが、
内部1
↑内部の木の幹を模した巨大な柱や・・・

内部2
↑ステンドグラスがとても印象に残りました
実際に入ると、その天井の高さに驚きます。

果物の彫刻
↑ちなみに、よ~く見ると、外部の塔の天辺には、果物や野菜が彫刻されています
塔のある方角(東西?)によって、春と秋の果物が
それぞれ配置されているそうですが、詳しい事は忘れましたw


中庭
↑スペインで行きたかった場所のひとつ、グラナダのアルハンブラ宮殿。

イスラムの繊細なレリーフに覆われた建物は、
ボキャ貧の私ごときが表現するのもおこがましいレベルで、
この感動を実際に伝えられないのが残念です

庭園には色とりどりの美しい花が植えられています。
スペインの日差しと青い空には、ブーゲンビリアがよく似合いますね

ここ、グラナダという町の名前は、スペイン語で「ザクロ」を意味しているそうです。
たわわザクロ
↑その名の通り、町の至る所に、街路樹としてザクロが植えられていました。
私の家のザクロと、そう大きさが変わらないのに、鈴なりたわわ状態です
気候が合うのでしょうね、羨ましい・・・

実は、今回の旅で黒ザクロがゲットできるんじゃないかと、密かに期待していましたが・・・
青い・・・
↑まだちょっと早かったようです・・・無念・・・


ミハス
↑白い壁の村、ミハス

実は動かない風車
↑コンスエグラのドンキホーテの風車

他にも、崖の上の町ロンダや、コルドバ等、色々な所を巡ったのですが、
どれもあまりこのブログに関係なさそうなので省略します
バレンシアの生絞りオレンジジュースがおいしかったぐらいでしょうか

ちなみに、移動はカーブを時速200km近くで脱線した某鉄道ではなく、バスでした
(旅行中、TVではこのニュースばかりでした

バスで移動中の景色は
もこみち畑
↑遥か向こうの山まで続くオリーブ畑と

ひまわり畑
↑広大なひまわり畑が印象に残っています。

特にオリーブ畑は、本当にどこまでいっても&どこにいっても畑が続き、
そりゃ速見もこみちがオリジナルオリーブオイルを作りにいくわなというレベルですw

収穫は下にネットを敷き、棒で叩いて行うそうですが、何日かかるのか想像できません

スペインでの最終日は、マドリッドでの自由行動でした。
そちらの様子は、その2にて紹介します

テーマ:園芸
ジャンル:趣味・実用

2013.07.23 13:41|日常
本日7月23日から8月1日まで、ちょいと留守にしますので、
その間、ブログの更新やコメントの返信ができません

(そもそも普段からこの期間以上に放置する事がザラですが・・・w)

ご迷惑をお掛けしますが(?)宜しくお願いします
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Author:こぴむす
高知県に住んでいます。

ブログのテンプレを変更してみました。
見づらかったり、不具合があれば
教えてください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。